11991円,/hastish1114352.html,grahamdesignsonline.com,Pro,家電&カメラ , 携帯電話・スマートフォン , 携帯電話・スマートフォンアクセサリ , メンテナンス・修理 , スクリーンプロテクター,LPM139M422のためのLCDスクリーンとデジタイザ全体の組み立て,X,Huawei,Matebook,Huawei用タッチスクリーンデジタイザー 11991円,/hastish1114352.html,grahamdesignsonline.com,Pro,家電&カメラ , 携帯電話・スマートフォン , 携帯電話・スマートフォンアクセサリ , メンテナンス・修理 , スクリーンプロテクター,LPM139M422のためのLCDスクリーンとデジタイザ全体の組み立て,X,Huawei,Matebook,Huawei用タッチスクリーンデジタイザー 11991円 Huawei用タッチスクリーンデジタイザー Huawei Matebook X Pro LPM139M422のためのLCDスクリーンとデジタイザ全体の組み立て 家電&カメラ 携帯電話・スマートフォン 携帯電話・スマートフォンアクセサリ メンテナンス・修理 スクリーンプロテクター Huawei用タッチスクリーンデジタイザー Huawei Matebook Pro LPM139M422のためのLCDスクリーンとデジタイザ全体の組み立て [正規販売店] X Huawei用タッチスクリーンデジタイザー Huawei Matebook Pro LPM139M422のためのLCDスクリーンとデジタイザ全体の組み立て [正規販売店] X 11991円 Huawei用タッチスクリーンデジタイザー Huawei Matebook X Pro LPM139M422のためのLCDスクリーンとデジタイザ全体の組み立て 家電&カメラ 携帯電話・スマートフォン 携帯電話・スマートフォンアクセサリ メンテナンス・修理 スクリーンプロテクター

Huawei用タッチスクリーンデジタイザー Huawei Matebook Pro LPM139M422のためのLCDスクリーンとデジタイザ全体の組み立て 正規販売店 X 【着後レビューで

Huawei用タッチスクリーンデジタイザー Huawei Matebook X Pro LPM139M422のためのLCDスクリーンとデジタイザ全体の組み立て

11991円

Huawei用タッチスクリーンデジタイザー Huawei Matebook X Pro LPM139M422のためのLCDスクリーンとデジタイザ全体の組み立て

商品の説明

"span"インストール前の注意事項
TIPS 1:インストール前のテスト
テスト時には、保護フィルムやタグを取り外さないでください。静電気の問題に注意してください。
修理を試みる前に、必ず自分自身がESD(Electro Static Recearch)ストラップであることを確認してください。これにより、静電気が電話機内の電子部品を損傷するのを防ぎます。
眼用保護を着用して、ガラス製の割れ具で指を切らないように注意してください。
ヒント2:テストをシミュレートする
画面の交換は非常に壊れやすい製品です。設置前のテストを強くお勧めします。テストをシミュレートします。これは、携帯電話を離して(マザーボード+ LCDまたはスクリーン)接続されたオーディオケーブルと新しい交換、電源投入、テスト終了を意味します。 [OK]をテストした場合は、インストールしてください。表示できない場合は、初めてご連絡ください。そしてそれが携帯電話に設置されることを強制しないでください。画面が設置されたら、責任を負いません。
TIPS 3:ケーブルをオーバーベンドしないでくださいLCDケーブルがオーバーベンドしていないことを確認してください。 90度を超える曲がって黒い表示が発生します。

1。 Huawei Matebook X Pro LPM139M422用の交換用LCDスクリーン+タッチスクリーンデジタイザアセンブリ
2。古い、壊れた、ひびの入った、破損したものを交換してください。あなたのデバイスをこれまで以上にさわやかにして
4。完全にフィットして働く
5。各項目は、輸送前にチェックされ、整備されている状態で
6。プロのインストールを強くお勧めします。画面がインストールされたら責任を負いません。
HuaweiのLCDディスプレイタッチデジタイザーの交換

Huawei用タッチスクリーンデジタイザー Huawei Matebook X Pro LPM139M422のためのLCDスクリーンとデジタイザ全体の組み立て

このキャンパスには、新しい時代が求める夢がある。

Topicsトピックス

Course各学科について